内祝いでお返し

ボトルエッチングをすると、世界に一つだけのギフトが完成しますよ。好きなメッセージや相手の名前を入れませんか?

結婚式に招待しなかった人、招待したけれど来れなかった人からお祝いを頂いたら内祝いをお返しします。この内祝いは一つ一つの金額は大したことはありませんが、人数が多くなると結構な金額になりますね。それでも節約することは十分可能です。 今はネット社会ですから、少し検索するとたくさんのギフト専門店が見つかります。ネットのギフト専門店は定価の20%、またはそれ以下で買える事が多く中には半額になっているケースもあります。そしてお礼状を無料で印刷してくれるなどのサービスをしている所も多いので、そのような所で注文するとお礼状の印刷代の節約にもなります。 個人の結婚式のブログなどを見ていると、内祝いだけで10万円以上かかった人も珍しくありません。このような割引システムはぜひ活用したいですね。

内祝いの相場としては一般的に頂いた金額の1/3〜半額くらいが目安と言われています。また結婚式に参列した人でも、予想以上に多額のご祝儀を頂いた場合には内祝いを贈るのが良いとされています。自分で持参できれば良いですが、そうでない場合は送料も別途かかります。 そのため先述したネットショップの場合には送料無料の所を選ぶと良いでしょう。まとめ買いをすると送料無料になる所があります。 お祝い事は気持ちであって金額ではないから、節約などをするべきではないという意見もあるでしょう。しかし不況になると真っ先に節約の対象になるものも冠婚葬祭です。結婚式も披露宴もしない「ナシ婚」が増加しているのもその為でしょう。質を下げるのでなければ節約も許される時代ではないでしょうか。

基本的なお祝いの相場

お祝いごとのお返しなど、古くからのしきたりの作法はしっかり理解しておくと良いでしょう。入学や出産の内祝いなどには頂いた側との関係性によって相場を決定する必要があります。

相手に合わせる

内祝いは結婚や出産でお祝いを頂いた際、お返しとして相手に贈るものとして知られています。相場はある程度決まってはいますが、相手との関係性によっては上下することがあります。

お裾わけするお祝い

内祝いは出産などで頂いた贈り物に対するお返しだという認識が強くありますが、その本来の意味は身内のお祝いのお裾わけです。現在はカタログギフトなどで品物を選択することができます。

幸せを届ける

遠縁の親戚や友人の結婚式にメッセージを送るときには、電報を送るという文化があります。手紙やメッセージカードを可愛いぬいぐるみやバルーン、フォトフレームにつけて送りましょう。