相手に合わせる

結婚や出産でお祝いをいただいた後、お返しとして贈るのが内祝いです。様々な商品の中から相手に合ったものを選ぶ作業は大変ですが、相手の喜ぶ顔を想像しながらぜひ楽しみながら選びたいものです。 近年は、いただいた物の半額から三分の一程度の金額のものを贈るのが一般的となっています。ただし、内祝いの品があまり高額になっても相手に余計な気を遣わせてしまうことになるので、友人や同僚の場合は3000円から1万円程度、会社の上司や親などの場合は1万円から3万円程度が主流のようです。 出産祝いに対する内祝いの場合は、子供の名前や写真を入れたお菓子やお米が人気を集めており、3000円から1万円の価格帯のものが特に多く利用されています。

以前は内祝いに関するマナーにも様々なものがありました。例えば、緑茶は仏事に用いられるため、お祝いの品としては良くないと考えられていました。しかし現在では、あまり堅苦しいことは気にしない人が増えており、緑茶も実用的で比較的誰からも喜ばれる品として重宝されています。また、「縁を切る」に通ずるとして避けられていた刃物も、最近では「未来を切り開く」という意味もあり、実用的な贈り物として多く利用されています。 さらに近年は、内祝いとしてカタログギフトを贈るケースも増えています。カタログギフトは、相手が好みの商品を自由に選択できるメリットがあります。カタログの種類も、食品から日用品まで幅広い商品が掲載されたものや、スイーツに特化したものなど、様々な種類のものが用意されています。